ラクして学べる栄養の話

こんにちは!

最近になってやっと湯船につかることを始めたトレーニングジムEesh 柚木です。

今まで入浴はずっとシャワーで済ましてました。そもそもシャワーは「入浴」と言ってもいいんでしょうか(笑)

なぜずっとシャワーで済ませていたのかのかを説明すると、「時間がもったいない」この気持ちが強くてシャワーだけで10分で済ませてました。

「お風呂なんか身体を洗えればいいじゃろ」としか思っていなくて、それなら時間をかける必要がない。という結論に至りました。

しかし最近の寒さに負けて湯船に浸かった時、戸田恵梨香さんが結婚した時くらいの衝撃を受けました。「めちゃくちゃリラックスできるぞ、」と今までシャワーで済ませていた僕の気持ちは完全に持って行かれました。特別寝つきが悪いなんてことはなくどちらかといえば寝つきは良い方なのですが、さらに寝つきが良くなってきた気がします。もう少しでのび太くんくらいに瞬殺で寝れるようになるかもしれません(笑)


そんなわけで今回の記事から何回かに分けて「栄養」に関するトピックを書いていこうと思います。

栄養なんて全く知らないという方から、ある程度知っている方まで勉強できる内容になります。



基本のき・三大栄養素

これだけは知っておいてほしい内容です。エネルギー源として主に使われる栄養素「糖質・たんぱく質・脂質」です。これに微量元素のビタミン・ミネラルを加えて五大栄養素といいます。ビタミン・ミネラルは主に身体の調子を整える役割で、三大栄養素は体のエネルギーになったり、体の組織を構成するのに必要になります。

その栄養素にも必ず働きがあります。なのでどれかを過剰に摂取したり、摂らなさすぎると体のどこかに支障がでてきます。


車でいうガソリン!「糖質」

糖質の主な役割は活動する時のエネルギー源です。糖質が減ってしまうと、体がだるくなったり重たく感じたりするようになります。糖質が不足して一番厄介なのが、エネルギー源を確保しようとして筋肉を分解してエネルギー不足を解消しようとするところです。

ダイエットの為に筋トレをして痩せようとしているのに、筋肉が減ってしまうと本末転倒です。健康的に痩せるためにはある程度のエネルギー源は確保したうえでカロリー計算を行うようにしましょう!!


愛してるよ♡たんぱく質♡

たんぱく質は言わずと知れた筋肉を構成する栄養素のひとつです。そのほかにも、肌・爪・髪の毛などいろんな個所を構成している栄養素なので欠かさず摂取していきたいです。

たんぱく質は体内で分解されて「アミノ酸」に変換されます。このアミノ酸は20種類で構成されていて、この中の一つ欠けているとたんぱく質としての質が下がります。

この質を現したのが「アミノ酸スコア」というものです。よくプロテインのパッケージにでかく書いてあります。この数値が100に近いほどたんぱく質の質が高いことになります。


悪者感が凄いが実は善人。脂質。

脂質はダイエットに置いてはかなり遠慮されがちですが、遠慮しすぎて体に支障がでてしまうことが多々あります。脂質は細胞膜や、臓器・神経の構成要素になっています。しかもエネルギー源にもなっているので大切な栄養素の一つです。

この脂質は良い脂質と良くない脂質などもあるのでそこを次の記事でご説明していきたいと思います!!


最後までご覧頂きありがとうございました。






0回の閲覧0件のコメント

©2019 by Eesh. Proudly created with Wix.com